今月のはがき絵 「夏の水元」 阿久津一郎

東京の下町、台東区蔵前にあるタック紙、スリット、断裁、マイクロミシンが得意な木村紙工所のホームページです。紙加工でのお悩みは木村紙工所までお気軽にご相談ください。お見積もりいたします。また毎月表紙に阿久津一郎の「はがき絵」新作を掲載中です。

会社概要
会社商号 有限会社 木村紙工所
創 業 昭和25年5月1日
設 立 昭和35年4月1日
資本金 受権資本 3,000,000円
所在地 東京都台東区蔵前3丁目9番8号
電話 03-3851-5456 (代表) 
FAX 03-3851-5570
Eメール info@kimura-shikoujo.com
事業内容
  1. 印刷物加工 スリット入れ(表、裏)・ミシン入 穴明・筋入れ・打抜き
  2. 印刷紙裁断 タック紙裁断・中綴じ・丁合い・折
  3. ラミネートフィルムの裁断化粧 角丸加工・穴あけ加工・3mmφ~11mmφ
  4. マイクロミシン入れ加工
  5. タック紙、穴明け加工出来ます! 3mm~10mm(アルミ、ネーマー、フィルム、布、 ビニール、ラミネート、等々)タック" "マイクロミシン加工も承ります" 
  6. 厚紙用紙 (180Kg以上~300Kg)のミシン入れ・筋押し・筋入れ・穴あけ
  7. 和紙の裁断 筋押し・筋入れ・ミシン入れ
役員 代表取締役  木村 勤
取引銀行 みずほ銀行淺草支店
会社設備
印刷物加工 裁断、打抜き、ミシン入、筋入れ、穴明け <2mmφ~11mmφ>
特殊加工 タック紙 スリット入れ <半切加工>
設備
  • 断裁機
  • 勝田機械 JMCⅢ2000 <1000cm>
  • 勝田機械 JMCⅢ2000 <800cm>
  • 正栄機械 パーフェクトミシン640型 <紙サイズ640mm x 640mm>
  • 内田洋行 2連穴明機械 ドリル 2φmm~11φmm
  • 井口鉄工所 角丸角切機
断裁物でお悩み、お困りな事が御座いましたら、是非 当社まで御相談下さい。

断裁物でお悩み、お困りな事が御座いましたら、是非 当社まで御相談下さい。

当社では 薄物(和紙、グラシン、薄洋紙、、パーチ、等々)から 厚物まで何でも断って居ります。またミシン入れ、筋押入れ、マイクロミシン入れ、中綴じ物の厚紙、PP貼り紙に筋押し加工も出来ますので、きっとお役に立てると思います。 特にタック紙のスリット入れ(最小150 x 150~最大640 x 640)と裁断は得意と致しております。

地図

阿久津一郎のはがき絵

1月

「冬の水元」 阿久津一郎

2月

「坐禅草」 阿久津一郎

3月

「紫モクレン」 阿久津一郎

4月

「春の光(水元)」 阿久津一郎

5月

「オイラン草」 阿久津一郎

6月

「花菖蒲」 阿久津一郎

7月

「夏の水元」 阿久津一郎

はがき絵画家、阿久津一郎のご紹介 (プロフィール)

1935年生、福島県須賀川市出身(葛飾区在住) 葛飾区の水元公園の自然に魅せられたアマテュア画家。 毎週日曜日ごとに公園に通って風景や草花を水彩画の絵はがきに書き上げた。葛飾郵便局、葛飾新宿郵便局、都立水元公園、都立上野公園緑の相談所において、はがき絵展を開催。 テレビ朝日の東京NOWで紹介される。